The Naked Gun : From the Files of Police Squad! (1988) : 裸の銃を持つ男

裸の銃を持つ男(はだかのガンをもつおとこ、The Naked Gun)は、1988年、1991年及び1994年にアメリカ合衆国で制作された次の3つのコメディ映画のシリーズ名である。

裸の銃を持つ男(原題: The Naked Gun: From the Files of Police Squad!, 1988年)は、レスリー・ニールセン演ずる『無鉄砲でへまやしくじりをものともしない猪突猛進型』の警部補フランク・ドレビン (Frank Drebin) の奮闘振りを描いている。

共演はプリシラ・プレスリー(Priscilla Presley、エルビス・プレスリーの元妻)、ジョージ・ケネディ、O・J・シンプソンなど。
 ・ amazon prime : The Naked Gun : From the Files of Police Squad! (1988) / 裸の銃を持つ男
 ・ YouTube Cinema : 裸の銃を持つ男(字幕版)

The Naked Gun : From the Files of Police Squad! (1988) / 裸の銃を持つ男のストーリー

ベイルートでアメリカを快く思わない列国首脳の極秘会議が開かれていた。その席上、執事に変装して部屋に現われ会議を混乱におとしいれた男、ロス市警のフランク・ドレビン(レスリー・ニールセン)が、署長のエド・ホッケン(ジョージ・ケネディ)に出迎えられ、帰国した。その足で警官のノードバーグ(O・J・シンプソン)の入院する病院を訪ねたドレビンは、署長から彼が重傷を負うことになったあるヘロイン密輸事件の捜査を依頼される。折からロスはエリザベス女王の訪米を控え、慌ただしさを増していた。捜査を進めるドレビンは、ある日、財閥の総帥ルドウィグ(リカルド・モンタルバン)の存在につきあたり、彼は女王歓迎委員会の議長をも務めるルドウィグの会社を訪ね、秘書のジェーン・スペンサー(プリシラ・プレスリー)という女性と出会う。取り調べに協力的なルドウィグであったが、彼はドレビンに接近して情報を聞き出すよう、ジェーンに命令する。ところがジェーンが何度もドレビンのもと訪ねてゆくうちに、2人の間には恋が芽生え始め、やがて一夜を共にした。そして女王暗殺計画を知ったドレビンは、ルドウィグによって仕掛けられた罠をふりきり、歓迎レセプションへと向かう。その直後、入場してきた女王にルドウィグが銃を向けたと勘違いした彼は、助けるために女王に抱きつき、会場に大混乱をまきおこす。翌日ジェーンから、ルドウィグがプロ野球観戦する女王を暗殺しようと密談していたことを聞いたドレビンは、球審になりすまし球場に潜り込んだ。そのせいで試合は大混乱、ところがその隙に、信号式の催眠術にかかった選手が女王を襲おうとするが、思わぬ展開から女王の命を救うことができたドレビンは、身の危険を察知し、ジェーンを人質に逃げるルドウィグを倒しジェーンとの恋を成就させるのだった。

関連記事

  1. Monty Python’s The Meaning of Life (1981) / 人生狂騒曲

  2. Trading Places (1983) / 大逆転

  3. Stripes (1981) / パラダイス・アーミー

  4. A Fish Called Wanda (1988) / ワンダとダイヤと優しい奴ら

  5. This Is Spinal Tap (1984) / スパイナル・タップ

  6. Crocodile Dundee (1986) : クロコダイル・ダンディー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。