Ghostbusters (1984) : ゴーストバスターズ

ゴーストバスターズ(Ghostbusters)は、1984年のアメリカ映画。三人の学者が、幽霊退治に賭けるSFコメディ映画。
ゴーストバスターズとは英語で「幽霊退治人」という意。1984年北米興行収入第1位、歴代では7位(当時。2009年時点では37位)という大ヒットを記録した。

監督:アイヴァン・ライトマン
出演:ビル・マーレー、ダン・エイクロイド、シガニー・ウィーバー

 ・ Google Play ゴーストバスターズ 1984(字幕版)

 ・ Prime Video : ゴーストバスターズ 1984(字幕版)
Apple : ゴーストバスターズ (字幕/吹替) – Ivan Reitman

 ・ YouTube Cinema : ゴーストバスターズ 1984(字幕版)

2016年に女性キャストによるゴーストバスターズのリメイク版の制作された。

 ・ YouTube Cinema : ゴーストバスターズ 2016(吹替版)

Ghostbusters (1984) / ゴーストバスターズのあらすじ

ニューヨークのコロンビア大学で超常現象や幽霊・霊体の研究を行っていたピーター・ヴェンクマン博士(ビル・マーレイ)ら冴えない研究者3人。ある日、一方的に研究費を打ち切られたことをきっかけに借金に借金を重ね、科学的に超常現象全般を扱い幽霊退治を行う会社「ゴーストバスターズ」を開業。当初は資金もなく依頼もゼロに近かったが、とあるホテルでの幽霊退治をきっかけにビジネスは大当たり、メディアや行政からも注目視される。
そんな中、謎の巨大霊的エネルギーが接近していた。正体は破壊の神ゴーザ(スラビトザ・ジャバン)で、番犬である雌の「門の神ズール」と雄の「鍵の神ビンツ」の二頭に、「ゴーストバスターズ」に調査依頼をした女性デイナ(シガニー・ウィーバー)とその隣人のルイス(リック・モラニス)が憑りつかれてしまう。さらに新人ウィンストン・ゼドモア(アーニー・ハドソン)を加えて絶好調のゴーストバスターズに環境保護局が目を付け、局長のウォルター・ペック(ウィリアム・アザートン)に幽霊保管庫の電源を切られ、ニューヨーク中に幽霊が出没するようになってしまう。かくしてゴーストバスターズはニューヨーク最大の危機に立ち向かうこととなるのであった。

関連記事

  1. Coming to America (1988) : 星の王子ニューヨークに行く

  2. The Blues Brothers (1980) : ブルース・ブラザース

  3. Monty Python’s The Meaning of Life (1981) / 人生狂騒曲

  4. Crocodile Dundee II (1988) : クロコダイル・ダンディー2

  5. Groundhog Day (1993) / 恋はデジャ・ブ

  6. A Christmas Story (1983) / クリスマス・ストーリー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。