Blazing Saddles (1974) / ブレージングサドル

ブレージングサドル(Blazing Saddles)は、1974年のアメリカ映画、コメディ映画。メル・ブルックス監督による西部劇のパロディ。第47回アカデミー賞では3部門にノミネートされた(助演女優賞、歌曲賞、編集賞)。

 ・ youtube : Blazing Saddles (1974) / ブレージングサドル

 ・ amazon : Blazing Saddles (1974) / ブレージングサドル

Blazing Saddles (1974) / ブレージングサドルのあらすじ

黒人奴隷の鉄道作業員バート(クリーボン・リトル)は、ヘマをしてあやうく縛り首になるところだったが、ロックリッジの保安官になれば見逃してやろうということで九死に一生を得る。
しかし、ロックリッジという町は法律も秩序もない町で、その町の保安官になること自体が危険だった。ロックリッジを支配しているのは州知事のレ・ペトメイン(メル・ブルックス)で、腹心のヘドリー・ラマー(ハーヴェイ・コーマン)がレ・ペトメインを丸め込んでバートを保安官にさせたのだった。ラマーの狙いは、無力な黒人保安官バートがますます町を不穏な状態に陥れ、おびえた住民たちが自ら進んで土地を捨て、町を出ていくことにあった。そしてその土地を鉄道会社に売って儲けようと企てていた。
一刻も早く町を混乱状態に陥れるために、ラマーは秘かにタガート(スリム・ピケンズ)という用心棒を雇い、兇悪な一味を町に乱入させようと画策していた。一方バートは、留置場の常連であるジム(ジーン・ワイルダー)と仲良くなっていた。ジムはかつては「ウェイコ・キッド」と呼ばれていた二挺拳銃の名手だが、今は大酒呑みの呑んだくれで町中の笑い者になっていた。2人は意気投合して、タガート一味と対決することを決めた。
タガートの配下は、兇暴なモンゴ(アレックス・カラス)を始めとする悪漢揃いだったが、中にはドイツ生まれの妖艶なリリー・フォン・シュタップ(マデリーン・カーン)という歌姫も混じっていた。リリーはその官能的な肉体でバートを誘惑しようとしたが、バートはなびかなかった。そんなバートに町の人々も少しずつ信頼を寄せるようになり、2人に協力してタガート一味と戦おうと決意する。それは時空を超えた大乱闘となっていくのだった。

関連記事

  1. National Lampoon’s Animal House (1978) / アニマル・ハウス

  2. Monty Python and the Holy Grail (1978) : モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル

  3. The Jerk (1979) / 天国から落ちた男

  4. The Sting (1973) : スティング

  5. Mash (1970) / M★A★S★H マッシュ

  6. Life of Brain (1979) / ライフ・オブ・ブライアン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。