The Apartment (1960) / アパートの鍵貸します

『アパートの鍵貸します』(アパートのかぎかします、原題: The Apartment)は、1960年制作のアメリカ映画。ビリー・ワイルダー監督作品。同年のアカデミー賞にて、作品賞、監督賞など5部門受賞した。

 ・ amazon : The Apartment (1960) / アパートの鍵貸します

 ・ Youtube : The Apartment (1960) / アパートの鍵貸します

The Apartment (1960) / アパートの鍵貸しますのあらすじ

1959年、12月。従業員31,259名を擁するニューヨークの保険会社。19階の大部屋に勤める C. C. バクスター(ジャック・レモン)。勤続3年10カ月、礼儀正しく、数字に強く、押しに弱い”バド”の週給は94ドル70セント。

セントラルパーク近くの家賃月額85ドルの (くつろげて、独身向き) アパートに暮らすバドは、なし崩し的に続いている「バドの部屋のまた貸し」を当てにし私生活に割り込んでくる課長ら上司の、色恋の絡む、あってないような空き予約をなかなか断り切れずにいた。管理職の立場を利用し、昇進への口添えを約束し、協力的な平社員バドの部屋を逢い引きの場所として拝借する。ラブホテルのない時代。

2A号室で夕方から深夜に及ぶ、バドのお得意さまたちが発する、”愛情の交歓”が引きも切らない様子を聞くにつけ、バドへの視線が生温かくなっている隣人、ドクター・ドレイファス(と妻ミルドレッド)。 隣人夫婦の思い込みから生じている詮索を気にしながらも、「自分の部屋に帰りたいときに帰れない」私生活と引き換えに、いつの日かよい人事考課から昇格につながるであろうと自分を納得させるバドが思いを寄せているのは、エレベーターガールのフラン・キューベリック(シャーリー・マクレーン)。

社内の誰からの誘いにも”なびかない”美しいフランから見れば、バドは紳士的な、同じ会社の社員に過ぎなかった。二人が発展しないのには、バドとは無関係の秘かな、フランの意思一つでは抜け出せない、シリアスな理由があった。
続きを読む The Apartment (1960) / アパートの鍵貸します