Bridget Jones’s Diary (2001) / ブリジット・ジョーンズの日記

『ブリジット・ジョーンズの日記』(Bridget Jones’s Diary)は、2001年のロマンティック・コメディ映画。イギリスの女流作家ヘレン・フィールディングの同名小説の映画化。

当初、アメリカ人のレネー・ゼルウィガーがイギリス人ブリジットを演じることに批判もあったが、ゼルウィガーは大幅に体重を増やしてブリジット役に取り組み、「等身大の独身女性」を描いたと高い評価(アカデミー主演女優賞候補など)を得た。続編『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』も作られた。

 ・ youtube movie : Bridget Jones’s Diary (2001) / ブリジット・ジョーンズの日記

 ・ amazon video : Bridget Jones’s Diary (2001) / ブリジット・ジョーンズの日記

Bridget Jones’s Diary (2001) / ブリジット・ジョーンズの日記のあらすじ

ロンドンの出版社に勤める独身女性ブリジット(レネー・ゼルウィガー)はダイエットと恋愛に夢中の32歳。正月の新年パーティーでバツイチの弁護士マーク(コリン・ファース)に会うが、トナカイ柄のセーターに幻滅。そのマークに悪口を言われてめげる。性格を立て直すために日記をつけ始める。出版記念パーティーで上司ダニエル(ヒュー・グラント)と急接近し、ケンブリッジ大学の同級生だったというマークの悪口で盛り上がり二人は結ばれその後、順調にデートを重ねる。ところが、浮気者のダニエルはアメリカ人の同僚ラーラと婚約してしまう。ブリジットは引き止めるダニエルに「ここで働くくらいならサダム・フセインの尻を拭いた方がマシ」と言い放ち、転職しテレビ局のリポーターになった。

ブリジットの33歳の誕生日の夜、彼女の家に祝いに来てくれたマークといいムードになるが、突然ダニエルがやってきて彼女に許しを乞い、愛を告白する。激怒したマークとダニエルが大ゲンカ。はたして、ブリジット・ジョーンズの恋の行く末は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です