Anger Management (2004) / N.Y.式ハッピー・セラピー

『N.Y.式ハッピー・セラピー 』(原題:Anger Management)は、2003年に製作されたアメリカ映画である。気弱な男性(デイヴ)が怒り抑制セラピーを受けて巻き起こる騒動を描いたコメディ。ルドルフ・ジュリアーニ元N.Y.市長やヤンキースの選手、テニスプレイヤーのジョン・マッケンローなど有名人がカメオ出演している。

Anger Management (2004) / N.Y.式ハッピー・セラピーのあらすじ

ブルックリン、1978年。子供の頃のデイヴ・バズニック(アダム・サンドラー)は、初キス直前にいじめっ子のアーニーにズボンを下ろされ、それ以来公然の場でのキスがトラウマになってしまう。

それから25年後、大手ペット製品会社の課長代理(平社員)として太った猫用のスーツなどのデザインなどをするデイヴには、学校の教師をやっていて詩を愛するガールフレンドのリンダがいるが、リンダの元カレのアンドリューはデイヴの社長と友達で、デイヴが狙っている部長職を争っているエリート。優柔不断の性格を引きずっているデイヴは悶々としている。

そんなある日、デイヴは飛行機で乗り合わせた隣の客とのトラブルが広がり、悪質な客として罰金と「20時間の怒り抑制セラピー」を命じられる。ところがそのセラピストは、飛行機で隣席だったドクター・バディ・ライデル(ジャック・ニコルソン)だった。

ライデルは彼に「グース(息を吸う)フラバー(息を吐く)」というイヌイットの言葉を教え、なんとか自分の怒りをコントロールできるようになろうと頑張るデイヴだったが、ライデルの罠にはまって結局30日間の密着セラピーということになり、デイヴの生活は,ひっちゃか、めっちゃかに….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です