The Birdcage (1996) / バードケージ

『バードケージ』(原題: The Birdcage)は1996年公開のアメリカ映画。ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』の二度目の映画化作品。舞台をフランスのサントロペからアメリカのフロリダに舞台を変え、オカマバーを舞台に、経営者一家に巻き起こる騒動を描く。第69回アカデミー賞美術賞ノミネートほか、受賞多数。

The Birdcage (1996) / バードケージのあらすじ

マイアミのナイトクラブ「バードケージ」のオーナー・アーマンド(ロビン・ウィリアムズ)と、店の花形にしてアーマンドの長年のパートナー、アルバート(ネイサン・レイン)。アーマンドには、20年前に運命のいたずらで授かった息子ヴァルがおり、アルバートも母親代わりとなって彼を育ててきた。ある日アーマンドは、大学に通うヴァルから同級生バーバラとの婚約を報告される。喜ぶアーマンドだったが、バーバラの父親は不道徳を許さない堅物の政治家(ジーン・ハックマン)というから大変。こんな生活を見られては台無しと、アーマンドたちは普通の家族を演じるべく準備にとりかかる。

Amazon : バードケージ [Blu-ray]

Amazon : バードケージ [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です