The Big Lebowski (1998) / ビッグ・リボウスキ

『ビッグ・リボウスキ』(原題: The Big Lebowski)は、1998年製作のアメリカ映画。コーエン兄弟製作のコメディ映画。
同姓同名の大金持ちと間違えられ、誘拐事件に巻き込まれた男の騒動を描いている。

 ・ YouTube Cinema : ビッグ・リボウスキ(字幕版)

 ・ GooglePlay : ビッグ・リボウスキ

The Big Lebowski (1998) / ビッグ・リボウスキのあらすじ

ジョージ・H・W・ブッシュ政権下、湾岸戦争のころのロサンゼルス。ジェフリー・リボウスキこと“デュード”は同姓同名の金持ちと間違えられ、闖入してきた暴漢たちに部屋の敷物に小便をかけられてしまう。敷物の弁償を求めて金持ちの“ビッグ・リボウスキ”を訪れるデュード。しかしビッグ・リボウスキは彼を穀潰しの怠け者と見なして、けんもほろろに追い返す。去り際にデュードは屋敷から立派な敷物を持ち帰る。
その後、デュードはビッグ・リボウスキから呼び出され、彼の豪邸に再び向かう。そこでデュードは、ビッグ・リボウスキの誘拐された妻バニーの身代金の引渡し役をして欲しいと頼まれる。依頼を引き受け、自宅でまどろむデュード。彼は新手の侵入者たちに気絶させられ、ビッグ・リボウスキの家から持ち出した敷物を奪われてしまう。
誘拐犯たちとの交渉にあたって、デュードはビッグ・リボウスキの秘書から身代金の入ったブリーフケースを託される。身代金の引渡しに向かうデュードに、ボウリング大会のチームメイトであるウォルター・ソブチャックが無理やり同行すると言いだし、ウォルターはこの事件はバニーによる自作自演の狂言誘拐であり、みすみす大金を彼女に与える必要はないと主張する。
ウォルターの妨害により身代金の引渡しに失敗するデュード。気晴らしにボウリング場に向かうデュードとウォルターだが、ボウリングに興じている間に大金の入ったブリーフケースを積んだデュードの愛車が盗まれてしまう。
デュードは警察に車と敷物の盗難届を出すが、彼の元に敷物を盗んだという女から電話が掛かってくる。デュードを殴って敷物を持ち出したのは、ビッグ・リボウスキの娘である前衛アーティストのモード・リボウスキとその一味だった。
デュードを自分のアトリエに呼び出したモードは、リボウスキ家の内実を彼に暴露する。デュードに身代金の奪還を依頼するモード、デュードを付け狙うドイツ訛りの誘拐犯たち、そしてバニーを探し回る街の顔役ジャッキー・トリホーン。怪しげな人物たちが絡んできて、事件は一気に複雑な様相を見せ始める。

 ・ Amazon Video : ビッグ・リボウスキ

 ・ Amazon : ビッグ・リボウスキ [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です