Mrs. Doubtfire (1993) / ミセス・ダウト

『ミセス・ダウト』(原題:Mrs. Doubtfire)は、1993年のアメリカのコメディ映画。クリス・コロンバス監督、ロビン・ウィリアムズ主演で世界的に大ヒットした。


Mrs. Doubtfire (1993) / ミセス・ダウトのあらすじ

サンフランシスコのとある街、失業した俳優、ダニエル・ヒラード(ロビン・ウィリアムズ)は、3人の子どもが自分の全てというほどの、子煩悩な父親。しかし収入のない夫に代わって一家の家計を担っているやり手デザイナーの妻ミランダ(サリー・フィールド)は、自分が連日疲れきって帰宅しても家事に全く協力せず子供達との遊びにかまけている夫や、自分だけが仕事に家事にと追われている事に強いストレスを感じていた。
長男クリスの誕生日、ミランダの留守中に自宅でパーティを開き、大騒ぎを起こしたダニエルは、堪忍袋の緒が切れたミランダからとうとう離婚の意思を告げられる。生活能力のないダニエルは養育権を奪われ、週一度限られた時間にしか子どもたちに会えなくなった。やがてミランダが仕事の忙しさで家政婦を募集していることを知ったダニエルは一計を案じ、メイクアップアーティストの兄の手を借りて、イギリスの老婦人ミセス・ダウトファイアにすっかり変身する。持ち前の演技力と女装で見事にミランダを騙し、家政婦として最愛の子供たちのそばにいられることになるが、それは同時にこれまで家事全般を省みた事のないダニエルの、抱腹絶倒の奮闘記の幕開けであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です