Young Frankenstein (1974) / ヤング・フランケンシュタイン

『ヤング・フランケンシュタイン』(原題: Young Frankenstein)は、1974年、アメリカのグルスコフ=ベンチャー・プロが製作したコメディ映画。コメディ作家のメル・ブルックスが、ユニヴァーサルのフランケンシュタイン映画をパロディ化した作品。当時の雰囲気を出す為に、ユニヴァーサルの旧作のセットを使ってモノクロで撮影されている。

Young Frankenstein (1974) / ヤング・フランケンシュタインのあらすじ

トランシルヴァニアのビューフォート・フランケンシュタインは、息子のヴィクターが怪物を造りだし家名を汚したことで遺産を息子ではなく曽孫に譲るという遺言書を遺した。その曾孫のフレデリック(ジーン・ワイルダー)はボルティモアの有名な脳外科医であり医大講師を勤めていた。(なお、フレデリックも祖先の行為を快く思っておらず、フランケンシュタインと呼ばれることを嫌っており、フロンコンスティンとむきになって訂正する。)
フランケンシュタイン家の使者がボルティモアへやってきて、フレデリックに曽祖父の遺言と家督を継がねばならないことを告げる。フレデリックにはエリザベス(マデリーン・カーン)という恋人がいるためボルティモアに留まりたかったが、説得されてトランシルヴァニアに行くことになった。トランシルヴァニアの屋敷でフレデリックは、祖父のヴィクターが死体を甦らせる実験をしたときの記録を発見し、この実験を引き継ぐ決心。ついにはヴィクター同様、死体を掘り返してきてモンスター(ピーター・ボイル)を造り上げてしまう。ところが、助手のアイゴール(マーティ・フェルドマン)が持ってきた脳は精神異常者のものだった。
モンスターは屋敷を飛び出して彷徨い歩き、孤独な盲目の男(ジーン・ハックマン)の家に入り込んでしまう。盲目の男は相手がモンスターだとは判らずに親切にするが、モンスターはその家を飛び出す。一方、かつてヴィクターの恋人だった老家政婦ブルッハー(クロリス・リーチマン)からモンスターはバイオリンで弾く子守唄が好きであることを聞いたフレデリックは、バイオリンでモンスターをおびきだし実験室に閉じ込め、手なずけることに成功する。
フレデリックはモンスター創造の実験の成果を学界に発表するため、ある劇場に多数の学者たちを集めてミュージカルを発表する。発表は無事に終わったが余興にタップダンスを踊らせていたとき、ライトがショートして放電したことに驚いたモンスターは暴れだした。モンスターは警官に捕らえられ留置場につながれたが、脱走。エリザベスを誘拐して森の中に逃げ込んだ。エリザベスはモンスターの強さに次第に惹かれて行った。
そんなモンスターに、フレデリックは自分の脳を移植した。口のきけなかったモンスターは口がきけるようになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です