Mash (1970) / M★A★S★H マッシュ

『M★A★S★H マッシュ』(マッシュ、M*A*S*H)は、1970年のアメリカ映画。朝鮮戦争を舞台に、3人の軍医を描くブラック・コメディ。
リチャード・フッカー原作の小説をロバート・アルトマンが映画化。カンヌ国際映画祭パルム・ドールやアカデミー脚色賞を受賞した。
タイトルのMASHとは移動米軍外科病院(Mobile Army Surgical Hospital)のことを指す。

Mash (1970) / M★A★S★H マッシュのあらすじ

朝鮮戦争下の移動米軍外科病院に、ホークアイ、デューク、トラッパーの3人の軍医が配属された。腕はピカイチの名医だが、やることなすことすべてにおいて型破り。仕事が終わると、寸暇を惜しんでは猥雑極まりないイタズラに精を出す。
軍規を無視してやりたい放題をし、お固い女性将校をからかうのに夢中になり、彼女に“熱い唇”なるあだ名をつけ彼女のベッドシーンを軍放送で流してみたり、彼女が本当の“金髪”かどうかを確認するため、彼女がシャワーを浴びている小屋を壊したりと院内でハチャメチャな騒動の数々を引き起こしていく。
彼らの仲間である歯科医が“男性的不能”を理由に自殺したいとホークアイに相談する。ホークアイとジョンは彼のために「お別れパーティー」を開くことにするが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です