Life of Brain (1979) / ライフ・オブ・ブライアン

『ライフ・オブ・ブライアン』(Monty Python’s Life of Brian)は、モンティ・パイソンによる1979年公開のイギリス映画。内容はグレアム・チャップマンが演じるブライアンの人生を描いており、彼は偶然にもイエス・キリストと同じ時代を生きたという設定になっている。
「聖書」をテーマにした作品のため、宗教団体を中心に世界中から批判を受け、上映禁止の地域も多数現れた。

 ・ youtube : Life of Brain (1979) / ライフ・オブ・ブライアン

 ・ amazon : Life of Brain (1979) / ライフ・オブ・ブライアン

Life of Brain (1979) / ライフ・オブ・ブライアンのあらすじ

西暦33年のエルサレム。ローマ帝国の圧政の中、イエス・キリストと同じ日に隣の家で生まれ、東方の三賢者に救世主と間違えられたユダヤ人の青年ブライアン(グレアム・チャップマン)は、口うるさい母親マンディ(テリー・ジョーンズ)と共に生活していた。
ある日、ブライアンは母親から、自分の父がユダヤ人ではなくローマ兵であることを告げられる。怒った彼はローマ人に復讐をするべく、レッジ(ジョン・クリーズ)率いる過激派集団「ユダヤ解放戦線」に加入する。しかし、ローマ帝国の総督ピラト(マイケル・ペイリン)の妻の誘拐計画が失敗、ただ一人ブライアンだけが生き残る。脱走した彼は、危険人物のレッテルを貼られ、逃げ惑うはめになる。
追い詰められたブライアンは、ローマ兵の目をごまかすために、教祖のふりをして説教をする。ローマ兵はごまかせたものの、民衆はブライアンのことを救世主だと勘違い。ブライアンは救世主であることを必死で否定するが、どんどん信者は増える一方で、どこまでもブライアンについてくる。「解放戦線」のメンバー、ジュディス(スー・ジョーンズ=デイビス)と一夜を過ごしたのち、起きてみると外には大群衆が待ち受けていた。追い返そうとして何を言っても、群衆はてこでも動かない。
そうこうしているうちに捕まってしまったブライアンは、磔刑に処せられる。「解放戦線」のメンバーや、ジュディス、ついには母親にまで見捨てられたブライアンは絶望する。そこで、磔にされていた1人(エリック・アイドル)が「元気出せよ」とエンディング曲「Always Look on the Bright Side of Life」を歌いだすと、それに導かれ磔にされている全員が合唱を始める。

関連記事

  1. Mash (1970) / M★A★S★H マッシュ

  2. Young Frankenstein (1974) / ヤング・フランケンシュタイン

  3. The Sting (1973) / スティング

  4. Monty Python and the Holy Grail (1978) / モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル

  5. Cheech & Chong’s Up in Smoke (1978) / チーチ&チョン スモーキング作戦

  6. Blazing Saddles (1974) / ブレージングサドル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。